水商売でも簡単にお金を借りれました。(女性/20代)

女性/20代

仕事上の人間関係でトラブルがあり、22歳の時に会社をやめて水商売の仕事に就きました。

その時に、「頑張ってお金を貯めて、海外に行きたい。」という将来の計画も立てました。

語学学校に通う費用や一人暮らしのための生活費、仕事で必要なドレスやメイク道具の出費は大きかったのですが、なんとかやりくりできていたため、自分は前に進んでいるんだという自信が持てました。

仕事にもだいぶ慣れてきたので、さらに成長するために店舗を移籍したのですが、
そこで仕事関係の出費が急に増え、生活費を圧迫するようになってしまったのです。

昇給の目途はありましたが、どうしてもお金が足りずカードローンで借りることにしました。

水商売という職業なので不安でしたが、無事審査に通ることができました。
お金もスピーディーに貸してもらえて、手続きもそこまで難しくなかったので助かりました。

水商売をしていると、指名をもらうためにドレスやメイクなどの美容代はなかなか節約できません。

手を抜けばお客様はすぐに気づいてしまうので。出費が増えて大変だなと思うことも確かにあります。

また、お付き合いのために大きなお金が急に必要になったりもしますし、
給料の額を超えての出費になってしまうときも時々あります。

でも、気軽にお金を借りられるカードローンのおかげで夢も仕事も諦めずに済んでいます。

これからもお金がピンチの時は賢く利用したいと思います。

数あるカードローンの中でも、水商売でも審査に通りやすい会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

低収入ですが、審査に通りました。(女性/30代)

女性/30代

私は現在、水商売の仕事をしている30代の女性です。

以前働いていた会社が倒産し、退職金も受け取れずに水商売に転職したという経緯があります。

そのため、水商売を始めたばかりのころは生活費がほとんどなく、
仕事にも慣れていないので収入も少なく、貯金を崩さなければ生活できない状態でした。

お得意様を増やすためには、自分磨きや自費でのプレゼントなど初期投資も必要ですが、
必要に応じて蓄えを消費しているうちに、生活するのもままならなくなっていきました。

年齢的にも若さで勝負することができず、収入がなかなか増えなかったので、
食事を1日2回に減らしたり、アクセサリーを売ったりして生活費を得ていたこともあります。

やがて貯金も底をつき、生活が苦しくなったので次の給料日までカードローンを利用しようとしましたが、
少ないながらもお客様に出会う可能性を考えると、店舗や自動契約機には行けません。

そこで、スマホからカードローンの申し込みをしたところ、転職してそれほど長くはないのに
審査に通ったとの連絡が届き、その日のうちに借りられました。

おかげで給料日直前になっても慌てずに済むようになり、気持ちにゆとりが出てきたのが功を奏したのか、
お客様との会話も弾むようになりました。

そして、徐々にお得意様が増えてきて、今ではカードローンはたまに利用するだけに留めています。

なお、利用可能なATMが多いので、急な入用の時にもすぐ現金が手に入りますし、
利息も以前に比べて安くなったのでとても便利です。

株式投資の資金にカードローンを利用しました。(女性/30代)

女性/30代

私は昼間は株のトレードをして、夜は水商売の仕事をしている30代の女性です。

株式投資を始めるきっかけとなったのは、一つの動画を観たことです。

その動画では少ない資金を大きく増やした30代の男性が紹介されており、
私はそれ以来、株の勉強に夢中になりました。

600万円ほどあった貯金を全て証券会社に振り込んで、株式投資を始めたのですが、
最初の頃は勝ったり負けたりしながらも、資金を800万円に増やすことができました。

しかし、相場が一転して勝てないようになり、みるみるうちに資金がなくなっていったのです。

そこで、私は消費者金融でお金を借りることを考えました。

そして、50万円借りられるようになったので、それを元手に株式投資を続け、
今度は運がまわってきたのか勝ちが続くようになりました。

実際に儲けている方のセミナーにも参加して、勝てる秘訣を教えてもらいました。

それらのおかげで資金が順調に育ち、今では300万円にすることに成功しました。
もちろん、借りていたお金もすべて返済することができました。

あの時にカードローンでお金を借りていなかったら、ここまで挽回できなかったと思います。

お金がピンチになった時はまた利用したいです。