土日でもカードローンは発行できる?即日融資を成功させるコツ

「給料日はまだなのにお金がない!」というとき、頼りになるのはカードローンですよね。

ところが、お金が必要になった日が土日だったらどうでしょうか?

カードローン業者は土日営業をしていないところも多く、
すぐにお金を借りられないケースもあるため注意しなければなりません。

こちらでは、土日に即日融資してもらうためのコツについて詳しく解説します。

土日審査に対応しているカードローンはこちら

目次

即日融資は事前準備が大切

即日融資を目指す場合、いかに手続きを迅速に済ませて審査を早く終わらせるかが重要になります。

そのためにも、カードローンに申し込む際に必要となる書類は、事前にしっかり準備しておくことがポイントです。
カードローン業者に提出を指示されてから手配を始めると、大切な時間を無駄にしかねません。

多くのカードローン業者では即日融資のために、「本人確認書類」「在籍確認書類」「収入証明書」の3点が必要になります。

これらを準備できないと即日融資はかなり難しくなるので、自分で書類を準備できるかよく考えてみましょう。
本人確認書類となるのは運転免許証や健康保険証、住基カードなどです。

住民票は原本でも本人確認書類として認められないケースが多いので注意しましょう。

在籍確認書類は、本来電話で行われる在籍確認を書類の提出で代用するために必要です。
社員証や会社名の入った健康保険証、給与明細など勤務先に確かに在籍していることが分かる書類が該当します。

収入証明書は50万円以上の借入を希望する場合に求められるケースが多いです。

源泉徴収票や納税証明書、給与明細などを提出しましょう。
ただ、高額の借入は審査に時間がかかりがちなので、即日融資を希望するなら低い金額にしておいたほうが無難です。

借入希望額はできるだけ少なく

カードローンでお金を借りる場合、申し込む際に希望した借入金額によって審査内容が変わります。

希望する金額が高くなればなるほど、審査も慎重かつ厳しくなるので時間がかかってしまうのです。

貸金業法でも50万円以上の借入もしくは、複数のカードローンから合計で100万円以上となる借入の申し込み時には、
収入証明書の提出が必須で審査基準も厳しくなると定められています。

このため、新しくカードローンに申し込む場合は、本当に必要な最低限の借入金額を設定するようにしましょう。

少しでも多く借りたい、いずれまた利用するだろうなどと考え、
高額の希望金額にしてしまうとそれだけ審査をクリアするのが難しくなります。

特に土日は審査を行う部門が休業日になっているカードローン業者も多く、高額借入の審査が後回しにされる場合もあります。

収入証明書が不要で審査に時間がかからない少額借入であれば、先に審査を通してもらえる可能性もあるのです。
土日に即日融資したいなら、できるだけ少ない金額を希望しておきましょう。

無人契約機のあるカードローンを選ぶ

通常カードローンを申し込むと、審査が終わり次第、業者からカードが郵送されてきます。

しかし、即日融資を希望している場合は、カードが届くまで待っていられませんよね。そこで活躍するのが無人契約機です。

インターネット上で申込や審査を完了させていれば、
営業時間内に無人契約機に行って手続きするだけでカードが発行されるのです。

郵送を待つ必要もなく、土日でもその場でカードを受け取れるので、すぐにコンビニのATMなどからお金を借りることができます。

ただし、無人契約機はすべてのカードローン業者で利用できるわけではありません。

無人契約機の有無、設置されている地域などは業者ごとにそれぞれ異なるので、
事前に土日でも利用できる無人契約機がある業者を探しておきましょう。

なお、上記で紹介したカードローン業者は無人契約機はあるので安心してください。

ただ、営業時間は21時までとしている所が多いので、遅くとも18時頃までには申込を済ませておき
営業時間内に審査を完了させておくのがベストでしょう。

在籍確認をクリアできるかが重要

カードローンの審査にとって、最も大きなハードルとなるのが「在籍確認」です。

在籍確認とは、カードローンに申し込んだ人が申告した勤務先に本当に在籍しているか、
働いて収入を得ているかを確認する作業のことです。

貸したお金を返済してもらうためには、返済原資となる収入が欠かせません。

このため、カードローン業者は在籍確認が無事にクリアできた人にしかお金を貸してくれないのです。
一般的に在籍確認は電話で行われるケースが多いです。

ただ、土日は勤務先が営業時間外ということも珍しくありません。

これでは土日に在籍確認をクリアして、即日融資を受けるのが不可能になってしまいますよね。
そんなときは電話ではなく、書類の提出で在籍確認を行ってくれるカードローンを選びましょう。

消費者金融系のカードローンでは、社員証や給与明細など「社員でなければ持ちえない書類」の提出をもって、
在籍確認をクリアさせてくれるところもあり、プロミスではそのような対応をしています。

これなら土日で勤務先に電話がつながらなくても、問題なく審査を完了させて即日融資を利用できます。

ネットバンクが利用できると安心

近くに無人契約機がない場合、振込を利用してお金を借りることになります。

ただ、土日はほとんどの金融機関が営業時間外になっているため、振込が利用できません。

平日に審査が完了していれば、土曜日に振り込まれるケースもありますが、
振込の処理が行われた時間帯によっては間に合わない可能性もあります。

このため、振込で即日融資を受けたいならネットバンクと提携しているカードローンを選びましょう。

ネットバンクなら、土日でも関係なく振込が即座に行われる場合があります。
ただ、即時振込を利用するには、カードローン業者が指定するネットバンクに口座を持っていることが前提です。

異なるネットバンクの口座だと、即時振込が利用できない可能性もあるため、念のためカードローン業者に確認しておきましょう。

最後のまとめ

平日はカードローンの審査や振込がスムーズに行われますが、土日は営業時間外だったり、
審査がなかなか進まなかったりすることも珍しくありません。

平日と同じ感覚で申し込むと即日融資できない可能性もあるので、土日は特に注意が必要です。

いざお金が必要になってから慌てないよう、上記で紹介した土日の即日融資のコツをしっかりと確認しておきましょう。

数あるカードローンの中でも、土日でも審査に対応している会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい